黄月式占星術 今年の運の落とし穴 -天中殺と運気-

知っていれば避けられる!「天中殺」にみる不運のメカニズム

天中殺……あなたもきっとその言葉は耳にしたことがあるはず。
「運の悪い時期なんでしょう?」と何となくわかっていても、自分にはいつ訪れるのか、どんな行動をとるべきか、知っていますか?

まずは天中殺の仕組みについてご紹介しましょう。

知っていれば避けられる!「天中殺」にみる不運のメカニズム

東洋では、天体の動き(空間)を表すのが十干、時間の流れ(時間)を表すのが十二支とされていて、それぞれが順に巡っています。
ですがこの2つをひとつずつ組み合わせていくと、空間は10、時間は12ですので、どうしても2つ余ってしまいます。
つまり時間はあるのに空間がない、空白の期間ができてしまうのです。
これが「天中殺」です。

時に味方をしても環境が味方をしてくれない、運のひずみのようなこの時期は、天の加護が得られないため、何をやっても思い通りに物事が進まないと言われています。
しかも「たった二年間の天中殺期の過ごし方が、その後十年の人生を決める」と言われるほど、その影響力は甚大。
この時期、天中殺にふさわしい過ごし方をすれば、後に飛躍が約束されますが、それに反してしまえば、大変な人生が待ち受けている……。

そうならないためにも「知る」ことがとても大切です。

とはいえ、天中殺を必要以上に怖がる必要はありません。
過ごし方のコツさえ分かれば“次の十年の幸せ作り期間”とも言い替えることができるのですから。

まずは自分の天中殺を調べ、運の流れを知りましょう。
そこから「今、自分にできること」を考えてみてください。

2017年はどんな年?

10干「灯」火性・陰
ほのかな灯、暖炉、山火事
伝達、通信、未来

12支「酉」金性・陰
闘争、プライド、名誉、名声
トリを収める!物事の終わりを表します

「灯・酉」 暖炉の火は薪をくまなければ燃えません。
努力して邁進した人にだけ、ご褒美が待っています。
名誉名声の年。
仕事面では、進んで引き受けて「大吉」
引き受けたら途中で逃げない。完結が次のステップアップに繋がります。
勉強して資格をとる。運気が上がり、臨時収入が期待できます。

火性はカリスマ運
おもいっきり~おしゃれをして外出!
身近な大切な人たちに喜んでもらえ、新しい自分に出会えます。
いつもと違う時間!新しい発見があります。

 

あなたにはいつ訪れる? まず「天中殺」をチェック!

あなたの天中殺はいつ訪れるのでしょう?
それは、あなたがこの世に生を受けた日でわかります。

黄月式占星術 > 今年の運の落とし穴 -天中殺と運気-